So-net無料ブログ作成
現在、復職への不安からかなかなか皆様のブログへコメントを残していく事ができない状態にありますが記事は拝見させていただいております。このような状況の中、コメントを残していってくれる皆様へ、感謝の気持ちで一杯でございます。ありがとうございます。 また、ご訪問いただいている皆様へも、ありがとうございます。                              現在、気持ちが不安定な為コメントへのレスをさせて頂く事ができない状態となっております。頂いたコメントはありがたく読ませて頂いております。申し訳ありません。

ウツ病になり10ヶ月間休職。2008年6月から復職。2009年1月中旬より再休職。同年10月より2度目の復職。

    

思い返すと [うつの事]


今、不眠症である。
頓服を飲んで不安を和らげる事もある。
消えてしまいたいとも思う。

これらの気持ちは休職になる少し前からの症状なのか。
否、そうではない。
思い出した。

初めて消えたいと思ったのは小学生の高学年の頃、両親に抑圧されていた為。
ある日ふと星空を見上げて、消えてしまいたい、と真剣に思った。
不安感、というより恐怖心が常にあった気もする。
親の顔伺いだ。
どうしてこれで自分に自信が持てようか。

不眠。
中学生の頃から寝つきはとても悪かった記憶がある。
これは現在まで酷くなる一方なのである。
薬無しで寝られる日は、永久の眠りか?とさえ思う。

何度か仮病で休んだ事もある。
背が低いというのはイジメの十分な理由になりえるからだ。
中学生の頃が最悪だったか…モノを隠されたり酷いものはなかったけれど。
多分、僕が言い返してたからだと思う。
だから中学校時代が一番人生で大嫌いだ。
デリートしてしまいたい。

人間が苦手なのだ、これまで生きてきた上でそうなっている。
上っ面のつきあいはソコソコ可能。
でも友人は皆無と言ってもいい。
電話がかかってきても取らない事が二度に一度はあるかな。
電話でしゃべるのが苦手なんだ。
相手の仕草や表情がわからないから不安になる。

白昼悪夢を最近よく見るようになって開けられてゆく、蓋ふたフタ。
耐え難い睡魔に負けると封印されてあった蓋が開く。
うなされて、目が覚めると心臓の鼓動が猛烈に速くなっている。
全力疾走した直後のよう。
直ぐに抗不安剤。
そして丸くなる。
ここが自分、ここが自分…

蓋の封印は開けているのか、開いてしまっているのか…ダレガ。
ボクシカイナイ。
ナニヲサガシテル?
nice!(37)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 37

コメント 8

のろ

不眠症。つらそうです。
何とかよくなるといいのですが・・・。
by のろ (2009-08-01 08:23) 

jennei-mammie

私も子供の頃は親の顔色を常に伺っていました。
不眠症もありました。いじめはなかったけど
不眠症、悪夢・・・辛いですね。少しでも良くなりますように
by jennei-mammie (2009-08-01 08:26) 

moo

私なんかはコンプレックスの塊ですよ^^
なので小学生のころから「私はわたし、人はひと」
と割り切ることで自分を守っています。
勿論「守りの壁」を壊すことも、、、
作っては壊しの繰り返しです。
by moo (2009-08-01 09:40) 

ばんばん

よく眠れることを心から祈っております。
by ばんばん (2009-08-01 10:13) 

青い鳥

話しにくい事にもかかわらず
ご自分の事を客観的に話せる様になったのは、
鬱からの出口の1つに辿り着いた事だと思います。
あせらず、絶対によくなると信じて辛い日々を
やり過ごしていって下さいね。
こうしてぶぶぅ様のブログに訪問している方達は
皆ぶぶぅ様のお友達ですよ。
by 青い鳥 (2009-08-01 12:21) 

A・ラファエル

時間がかかってもいいから
自分自身を自分に取り戻してください。
病気はふたをしていて見ないようにしていた
本当の自分からのサインです。
by A・ラファエル (2009-08-01 22:38) 

うっこ

私も発症したのは・・・2年前ぐらいになるんですけど、やっぱり幼少期というか、自我やらが作られていく過程で制圧されると、それが心の何処かに残っていて蓄積されるもんなんですかね?

by うっこ (2009-08-02 06:10) 

あやひな

私は、子供の頃から“いじめられっこ”でした。
8月2日の記事に、私が虐められて現在に至った経緯を書きました。
いじめられた経験が、やはり精神疾患の根源になっていると思います。
by あやひな (2009-08-02 08:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。