So-net無料ブログ作成
現在、復職への不安からかなかなか皆様のブログへコメントを残していく事ができない状態にありますが記事は拝見させていただいております。このような状況の中、コメントを残していってくれる皆様へ、感謝の気持ちで一杯でございます。ありがとうございます。 また、ご訪問いただいている皆様へも、ありがとうございます。                              現在、気持ちが不安定な為コメントへのレスをさせて頂く事ができない状態となっております。頂いたコメントはありがたく読ませて頂いております。申し訳ありません。

ウツ病になり10ヶ月間休職。2008年6月から復職。2009年1月中旬より再休職。同年10月より2度目の復職。

    

精神的疲労の限界か [復職]

昨日…いや、日付が変ったから昨日も欠勤。
ウツの症状が酷くて猛烈な不安感と無気力感。
ちょっとマズイのかもしれない…

実は去年の暮れ、私は自殺をした…
あぁ、今生きてるから未遂に終わったのですが。
それは休みの日に突然やってきた…何の計画もしてなかった。
その日も無気力感に囚われていて特に何もせずにぼぉ~っとしていた。
その時にタオルが目に飛び込んできた…そして思った、
もうお終いにしようか、と。
でなんのためらいもなく実行して、でもあまりの適当さで失敗。
軽く意識を失っただけだった…意識が戻っても特に何も思わずボケっとしてた。

実行する時ってホントほかの事なんて何も考えないものなのだと今思ってる。
その時そうだったから。
そしてその時に死ななくてよかった、とは全く思えない自分がここにいる。
あの時に逝ってしまっていてもよかった。
最近毎日「死」が頭から離れる事がない。

これは小学校5年生位初めて思って、それからずっと思っているからなのか、
頭にこびりついているのか願望なのか…その時の原因は両親だった。
暴力を受けていたわけではなかったが、精神的に追い詰められる毎日だった。
今でも鮮明に思い出せる悪夢の日々…
私は小学生の頃ほとんど勉強をせず、だが親は私に過剰な期待を求めていて
私立の中学にでも行かせる気だったのだろう、監視されながらの勉強の強制。
間違いを繰り返そうものなら頭ごなしに叱られる…もう怒られすぎて何がなんだか分からない。主に怒っていたのは父親だったが母親も同じ…家に安堵の場所がなかった時期。

…そして今、私はその頃を頻繁に思い出す。
さっきまで寝逃げしていたのだけど目が覚め猛烈な不安感に襲われて起きた。
今、抗不安剤を飲んで効いてくれるのを待っている…胸が不安で苦しい…
もう疲れてしまったのか、精神的に何かに追い詰められ続ける日々。
一週間程、休暇の申請をしようと思う…山へ一泊二日旅行にでも行こうか…
恐らく申請は通ると思う…少し前に店長にちょっと疲れ果てている事を伝えたから。

問題は一週間で復帰できるかだ。
以前休職した時は一ヶ月のつもりが11ヶ月になってしまった。
一度途切れた糸はなかなか戻らない事を経験してるからそれも怖い。
でもこのまま行くとまたふとした時にやってしまうだろうと思う、ためらわずに。
そうなる前に休もうか…もう仕舞いにしてもいいかなとも思うが。
幕を下ろしちゃおうか…

もう十分だよね、と自分が思う…
そうだねと、自分が思う…
nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 13

コメント 8

カノン

大好きな滝を見て、ゆっくりゆっくり過ごして下さい。
先の事は考えずに。

きっと生きていて良かったと思う日が来ますよ。
by カノン (2009-01-08 02:28) 

ぴーすけ君

あせらないでくださいね。
少し休まれたほうがいいですよ、無理するくらいなら。


by ぴーすけ君 (2009-01-08 07:39) 

ごましおからし

お辛いですね。
ゆっくり休まれた方がいいのでは・・・?
いなくならないでください、お願いします。。。
by ごましおからし (2009-01-08 08:05) 

まめ

ぶぶぅさん、今は先のことは考えずに、ゆっくり休みましょ。
大好きな滝、見に行きましょ~よ。

お願いだから、生きててください。
ぶぶぅさんの存在、とっても大事なんです!!
幕を下ろしちゃ絶対ダメ!許しませんっっ!!!
by まめ (2009-01-08 08:18) 

mitu

ぶぶぅさん
まずはゆっくり旅行でもして、気分転換をしてください。
お願いです。 幕だけは下ろさないでください。

by mitu (2009-01-08 09:19) 

のろ

私からも、お願いします。
幕を下ろさないで下さい。
子供の頃のトラウマを思い出しているようですが、今は家の中は休めるところなんでしょうし。元気くん、幸ちゃんもいますしね。
いろいろ思い出したり、幕を下ろしたくなるのは、病気がさせることなんですから、まずはゆっくりと休んでください。少々休みが延びてもいいじゃないですか。
by のろ (2009-01-08 10:02) 

ゆめ

ぶぶぅさんにはやっぱり休養が必要なようですね。
でも、そういう気持ちがちょっとわかるような気がするのも、私の困ったところです…。
今は元気くんや幸ちゃんのためにも、もう少しやってみましょ。
by ゆめ (2009-01-08 22:35) 

うっこ

いつでも幕は下ろせます。
私もいつも自分でそう思って生きています。
でも時期じゃないかな?とふと思う瞬間があって。
散々やらかして全てが未遂で終わっているけど、ぶぶぅさんが何気なく行動に出てしまった気持ちわかりますもん。
気持ちはわかるけど、ぶぶぅさんはまだ幕を下ろす時期ではないと思うし、お互いやる事が残されている気がするんですよね。
一度しかない人生だからこそ、紆余曲折しながらも何とか生きて寿命は全うした方がいいかなと私は思います。
まだまだ見ていない滝だっていっぱいあると思うし。
うさちゃん達もいる。奥さんもいる。
一人で我慢するんじゃなくて、苦しみは分け合いながら。
傷を舐めあうのではなく、癒しながら生きていきましょうよ。
受け止めてくれる人はたくさんいますよ。
私も大丈夫です。
辛い時は本当に辛いんだから。
今は何も考えず、心の栄養補給をしてください。
あと十分休んで。
もう頑張る事はないんだから。
ゆったり生きていきましょ。
by うっこ (2009-01-09 00:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。